2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ32 帰国へ。

とうとう、帰国の日がやってきました。

あっという間の一週間。
なんだか寂しいような、ホッとするような。

最後に、ホテルの部屋のソファで、記念写真。
 ホントは、ソファに乗せちゃ、いけないんですよ!!
 ごめんなさい~。

20101005goodbye1.jpg

 ジュエ、一緒に来てくれてありがとう。
 頑張ってくれてありがとう。
 こんな私の支えになってくれて、本当にありがとう。
 
 いつまでたっても、末っ子の甘えん坊って思っていたジュエが、
 いつの間にか、とても大人になっていて、
 私を守ってくれていたという事に、
 今回、やっと気づきました。


早朝6時前に、またもや観光バスとレンタカーで、
フランクフルト空港に向かいます。

 来る時はミュンヘン空港だったけれど、
 帰り、ミュンヘンからの飛行機が取れなくて、
 遠いフランクフルトからの便になりました。

 そして、ドイツレポ2にも書いたとおり、
 ドイツの観光バスには、成犬を乗せないという民間ルールが。
 行きの運転手さんは、「大丈夫さ!OK!」って乗せてくれたけど、
 帰りの運転手は、とりつくしまもない。。
 『ノー』の一点張り。
 あろうことに、『バスの下部の貨物室に入れれば?』だって!!
   (*`ε´*)ノ_彡☆バンバン!!
   バカヤローーーー!!!!
 

と言うわけで、ワン達は、みんな、S先生運転のレンタカーで。
人間だけが観光バスで。


早朝に出発したおかげで、渋滞に巻き込まれることなく、
フランクフルト空港には8時過ぎに到着。
 

20101005goodbye2.jpg


さて。
成田から出国する時に、
出国カウンターの係の人が、ワンのケージを見て、する事は。
『扉が開いてワンが脱走したりしないか』。
係の人たちは、扉を結束バンドで留めたりする事に、忙しい。

フランクフルトでは。
係員が寄ってきて・・・明らかに獣医さんっぽい。
まず、ワンをケージから出して、様子を見て。
ケージの中に、ワンが誤飲するようなものは入っていないか?
 (ひょっとしたら危険物の点検も兼ねているのかもね)
扉に細工なんて、しません。

 どちらも、ワンを守ろうという意識から始まっていると思うけど、
 観点が、人間側にあるのか、ワンの側にあるのか、
 違いが歴然で、興味深かったです。

20101005goodbye3.jpg

きゃっほ~~!お外に出られるの?って勘違いのライズ(笑)



搭乗手続きに、思ったよりも3倍近く時間がかかってしまった私達。
そのまま、搭乗口に向かう事にしました。
途中に免税店、たくさん、あるよね?

そう思ったら・・・
今回の搭乗口、『C』棟は、出来たばかりの小さな搭乗口。
ショップは、チョコレートや洋酒などを売っているお店が一軒だけ。

買う気満々で、現地通貨をいっぱい残していた我家は、
メッチャクチャ、拍子抜け・・・(T◇T)


 S先生、
 『2席のお祝いに、免税店のシャネルをプレゼントしようと思ったのになぁ~~』って、
 嬉しそうに言わないのっ!(爆)


待合ロビーに着くと
・・・そこに流れていたBGMは、なんと!
世界大会の会場で聞いていた、あの音楽!!

みんな、一斉に私を見て、『ここで踊るなよ!』
・・・って言われても、自然に、手足が動いちゃうんですけど。
      ~(^∇^~)(~^∇^)~

踊るのを我慢した私に ヾ(- -;)
ロビーのバーで、S先生がビールとパニーニを奢ってくださいました。

20101005goodbye4.jpg

ここのピルスナー、とっても美味しかった!
パニーニも最高!


20101005goodbye5.jpg

帰りの便は、最新型のエアバス。
総二階建ての、飛行機です。
ルフトハンザが、この夏から運行しているって話題のエアバス。
それに乗れるなんて、とってもラッキー! !o(*^▽^*)o~♪

 とは言え、エコノミーに乗ってる私達は、
 普通の飛行機に乗っている時との差は、何も分からないけどね。

 分かった事と言えば、
 単純に、乗車定員が増えたから乗り降りにかかる時間がとても長い
 って事、かな?(笑)
 

いよいよ、ワン達が、乗り込みます。
ここから12時間。
眠っていたら、すぐに日本だから。
朝ごはん抜きだからお腹空いているだろうけど、頑張れ。


20101005goodbye6.jpg


日本時間10月6日の朝。
無事に帰国しました。

ワン達ももちろん、全員、元気に、帰ってきました。




ドイツレポ。
長々とお付き合い下さって、本当にありがとうございました。

気付けばもう12月。
世界大会と言っても、もう、遠い過去の事のように感じます。
新鮮味のないレポになってしまい、すみませんでした。


まだまだ、感じた事、思った事、いっぱいあるけれど、
この先、機会があれば、記していきたいと思います。


最後になりましたけど、もう一度。
みなさん、本当にありがとうございました。
これからも、シュクルとジュエと、笑顔で走り続けたいと思います。
 

スポンサーサイト

| Dog Sports | 00:20 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ31 ドナウ川&ヴァルハラ神殿

ソーセージを食べ終わったら、いよいよ、ドナウ川下り。

20101004regen16.jpg

ガイドブックには、『9月30日まで』って書いてあった季節イベントだけど、
ラッキーな事に、10月4日も、営業していました。
うれしーーー!

20101004regen17.jpg

船に乗って、暫くは街の風景だったけど・・・
あっという間に、建物が無い風景になりました。

20101004regen18.jpg

ドナウ川って、『河川敷』が無いの?
川が終わると、すぐに陸?
長良川や木曽川の河川敷で遊んでいる私にとっては、不思議な風景でした。


片道1時間。
目指すは・・・『ヴァルハラ神殿』

20101004regen19.jpg

ルードヴィッヒ1世が19世紀に建てたヴァルハラ神殿。
ここも『ドナウの旅人』に登場する中で、とっても印象深いシーンの舞台になっているところです。



 日本の金毘羅山、那智山、などなど、名所旧跡に例のあるように、
 ここも、長々と石段が。

20101004regen20.jpg

 アジラーの皆さんは、比較的、平気に登り切ったけど、
 アジラーじゃないご家族の方は、かな~~り、大変だったみたい(笑)


でもでも、石段を登る価値はあります。
素晴らしい神殿!

20101004regen21.jpg

『ドナウの旅人』を読んだ方には、
ここの回廊からの景色、喜んじゃうんじゃないのかな?

20101004regen22.jpg


神殿の中は、歴史上の有名人の胸像だらけ。って言うか、それだけ(笑)
ソクラテスからバッハ・マリーアントワネットまで、
・・・節操が無いというか・・・(笑)

20101004regen23.jpg





2時間後に、同じ船に乗って、リーゲンスブルグに戻りました。
戻ると、もう、夕方。

またもや、タクシーに乗って、ホテルに帰ったら、もう5時過ぎでした。
楽しかった!

まさか、大会に来て、こんなに楽しい一日を過ごせるなんて思ってもいなかった!
ご一緒して下さった皆様、本当にありがとうございました。
凄く素敵な思い出になりました~~~(*^ ^* )V

| Dog Sports | 21:32 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ30 ドイツ最古のソーセージ屋さん

こんな処に・・・って言ったら失礼だけど、
ここに、『ドイツ最古のソーセージ屋さん』 が、あります。

20101004regen10.jpg


『ヒストリッシュヴルストキュッヘ』

 この店は、
 ドイツレポ29の最初の写真の石橋建造の労働者の飯場だったらしい。

20101004regen14.jpg

煙モクモクの厨房で、オバサン達が、ひたすらソーセージを焼いていました。 


20101004regen11.jpg

ちょうどお昼時に行ってしまったので、大混雑。
テーブルは、もちろん、お客様の争奪による座席取り(笑)

炭火焼のソーセージはもちろん美味しいのだけど、
その下に敷いてあるザワークラフト、最高でした!

テーブルの上に無造作に置いてある、パンの籠。
最後のお勘定の時に、自分がいくつ食べたのか自己申告でお金を払うシステム。

このパン、とても、固くてパサパサ・・・だと思っていた。
ところが、ザわークラフトを乗せて、ソーセージを乗せて・・・
最後に、はちみつ入りのマスタード。

おいしい~~~~~!!!(^~^)モグモグ

パンが固いような気がしたのだけど、こうやって食べると、ちょうど良い。

その上、私、はちみつが苦手なのだけど、、
このマスタード、メチャクチャ、美味しいの。
試しに、マスタードを使わないで食べたら・・・なんだか平凡な味になってしまった。


お値段ちょっと高め。
周りは、観光客だらけ。
↓ お隣の席の外国人男性が、撮ってくれました。サンキュ~~

20101004regen13.jpg


え?
もちろん!
昼間っから、ビールですよ!
ソーセージなんだもん、ビールを呑まないワケが無いもんね(^ー^* )

| Dog Sports | 16:35 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ29 『ドナウの旅人』?『オルフェウスの窓』?

閉会式の翌日は、終日、フリーになります。
この日、何人かのメンバーと一緒に、観光へ出かけました。

ホテルからタクシーでおよそ1時間。
『レーゲンスブルグ』と言う街です。

Dガイドを先頭に、観光三昧。

20101004regen1.jpg


さて、この『レーベンスブルグ』。

聞いたこと、ありませんか?

↓この石の橋は、ドイツ最古の石橋Steinernebrucke。
 11世紀に造られた橋。
 この橋を渡って対岸から街を眺めた風景は、
 2004~2005年度版『地球の歩き方』の表紙の絵になっていたらしいです。

20101004regen2.jpg

まずは、マンガ派のあなたへ。
 『オルフェウスの窓』そう、あの、池田理代子さんの漫画。
 あの最初の地、音楽学校のあった街が、
 ここ、リーゲンスベルグって言う設定です。


そして、文学派のあなたへ。
 『ドナウの旅人』 宮本輝の20年以上前のベストセラー。
 映画化もされたヒット作です。
 読んだ方、多いんじゃないかしら?
 あの中でも、ここが、出てきます。

20101004regen15.jpg



なんて、私。
実際に現地にいる時は、こんなこと、すっかり全然忘れていて。
帰ってきてから、ネットで調べて、あぁ、そうか!この街なんだ!って。

ドナウの旅人はともかく、
オルフェウスの窓の音楽学校くらい探してみればよかったなぁ。




20101003regen3.jpg


町の中央の大聖堂は、とてもとても立派でした。

20101004regen4.jpg


中もとてもキレイ。
ステンドグラスもパイプオルガンも荘厳で、訪れた甲斐がありました。
地下は、墓地になっていました。


街のあちこちにあった銅像。
 
20101004regen5.jpg


ねぇねぇ、どんな人の銅像なの?と、いちいち聞いちゃう私達。
一生懸命説明してくれたDさん、最後に一言!
 『これは、誰かの息子!』

 ・・・そりゃ、そーだ・・・( ゜.゜)

 暫く、大爆笑の私達。


店内を普通に歩く、ワンコ達。
素晴らしく、おりこうさん。

20101004regen9.jpg



スーパーマーケットも、面白かった。

20101004regen6.jpg


 お野菜に使うと、とても美味しい『お塩』を発見。
 キュウリにかけて食べるととても美味しくて。
 何故か、ソルトを3本もお買い上げな私(苦笑)

ところで、このお野菜たち、なんていう名前??

20101004regen7.jpg

20101004regen8.jpg

| Dog Sports | 14:42 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ28 閉会式

夢のような、いや、ひょっとしたら夢だった?
そんな、時間が終わろうとしています。

20101003epilog1.jpg


誰の胸にも感動がたくさんあったこの会場。
終わって欲しくない時間。

20101003epilog2.jpg


ニッポンチームは、開会式の時に参加し損ねそうになったから、
今回は、閉会式開始時間よりずっと前から、入口で待機(笑)


20101003epilog3.jpg

ところが・・・
閉会式の冒頭は、鼓笛隊による演奏が先頭で入場。

『ジャーーーーン♪』って音とともに、
待機場から外へ飛び出していったペア、多数。
 そりゃ、音響シャイにとっては、ビックリよね。


ニッポン入場の順番が来てしまった。
終わりたくない気持ちいっぱいの、入場行進。

20101003epilog4.jpg

ありがとう。
日本からのたくさんの応援、ありがとう。
なにもかもに感謝の気持ちです。

20101003epilog5.jpg

夢のような、表彰式。
呼ばれたら、先に呼ばれているチームと握手するのが礼儀なのに、
慣れていない私達、
さっさと台に乗ってしまってから、失態に気付いて、台から降りる醜態(ToT)

20101003epilog6.jpg

夢にまで見た、表彰台。
夢じゃないよね?
優勝のロシアの国歌が流れます。
たくさんのカメラマンが、前に並んでいます。


気付いたら、私、涙が出ていた。
嬉しい涙。


シュクルと苦労した事。
ジュエと苦労した事。
そんなことが、走馬灯のように、駆け抜けていった。

辛い時に、支えてくれた皆さんに、心から感謝します。
本当に、感謝します。



表彰台に配られた『楯』を見て、ビックリした。
4つ、ある。
 
20101003epilog7.jpg

リザーブドッグの、シュクルの分!?
シュクルの分!

うれしい!うれしい!
シュクルがいなかったら、ここまで、私、頑張れなかった。
シュクル!
持って帰るからね。

両手に、盾を持って、会場内を、最後の一周。
ここにいないシュクルも、いっしょにいるつもりで。

20101003epilog8.jpg

何度も言います。
くどいようだけど。

応援を下さった皆様、ありがとうございました。
とても素晴らしい時を過ごせたのは、
たくさんの人の力のおかげです。
感謝します。
ありがとうございました。

20101003epilog9.jpg

| Dog Sports | 23:54 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ27 個人・ラージ・AG

2010年FCIワールドチャンピオンシップ 最後の種目です。

2010ind-large-ag.jpg


はっきり言って、シンプルなスピードコース。

出番前。
祈る姿がとても印象的なライズペア。

20101003large-5.jpg

ライズパパ、走り終わって、一言。
「E先生に心配かけちゃって・・・』って。

ライズパパさん、素晴らしい走りでしたよ!
そして、チームのムードメーカー。
本当にありがとうございました。


20101003large-2.jpg


K先生は、
残念ながら、2日目の個人JPで失格してしまっていたので、
出走順番は、かなり早い。

20101003large-1.jpg


素晴らしい!本当に素晴らしい走りです。
いつもの『よ~~し!』『おりこう~』が出ている。

20101003large-3.jpg


ゴールとともにガッツポーズ。

20101003large-4.jpg


K先生の、この日のAGは、13位。36秒台。
もちろん、日本ラージチームの中では、ダントツです。


・・・K先生、JPで、勝負したかっただろうなぁ。
K先生、来年こそ!個人JPで勝負して下さい。
「よ~~し」って声が、フランスで響きますように!

| Dog Sports | 23:50 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ26 ラストダンスをご一緒に♪

ミディアム個人AGが終わると、残すは、ラージのみ。
そして、最後のダンスタイムです。

20101003dance1.jpg


これで、最後のチャンスかもしれない。
そう思って、思いっきり踊りました。

20101003dance2.jpg


踊り終わって、大満足な私達。

20101003dance3.jpg


この満足そうな顔(笑)
いかに楽しかったか、お分かりいただけるかと・・(* ̄∇ ̄*)

20101003dance4.jpg

| Dog Sports | 20:18 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ25 個人・ミディアム・AG

この日の2種目目。
個人ミディアムのAG。

2010ind-medium-ag.jpg


当たり前だけど、みんな、とってもナーバスになっています。
検分前から、どうしよう?どうしよう?と・・・
こんなところ、いつも、出来るはず・・・なのに、
不安が最高潮の様子。

もちろん、私もそうだったのだけど。

20101003medium-1.jpg


スラのエントリーどうしよう?とか、
あそこのエアプレインどうしよう?送り出そうか?とか。


20101003medium-3.jpg


応援の皆さんが聞いたら、
『え?ウソ?そんな所を悩むの?』って思うと思う。
でも、あの場に立つと、とにかく、不安になる。
自分の出来ない事が何だろう?と思ってしまうんだ。


20101003medium-2.jpg


あの週末、
間違いなく、日本で一番走られただろう、この三日間のコース図。
あちこちの練習で、みんな、走ってみたと思うの。

みなさん、走ってみられて、いかがでしたか?

| Dog Sports | 20:16 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ24  応援席だって!

大会中、応援席だって、燃えています!
ニッポンの応援団はモチロン!

20101003ouen1.jpg


どの国の応援も、チカラが入っています。

20101003ouen7.jpg


サッカーでは、応援団が12人目の選手だっていうけど、
アジだって、同じです!

20101003ouen6.jpg


声を枯らしての、応援に、本当に力を貰いました。



毎年、どんどん、派手になるって印象の、
フェイスペインティング。
今年の日本は、例年より、みんな、書いてました。

20101003ouen4.jpg

大会のマスコットの着ぐるみも、元気に、あっちこっちに神出鬼没。
片手にサインペンを持って、着ているTシャツに、サインをねだっていました。

20101003ouen5.jpg

| Dog Sports | 20:12 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ23 悔しい。

いよいよ最終日。
個人戦AGが行われます。

この日も、朝、5時45分、ホテルロビー集合。

2010ind-small-ag.jpg


全てはこの日の為に!と言っても過言じゃない。
そう、何もかも、この日の為に、頑張ってきた。

昨日の団体AGも、ごめん、と思いながら、タッチ、しっかり止めていた。
朝から、私のテンション、おかしかったかもしれない。


朝、一番に、配られるコース図。

・・・あれ?シンプル?簡単?
完全な、スピードコースだ??
で、ひとまず安心して、おトイレへ。

おトイレから帰って、もう一度、コース図、見せて。

(・_・?) ン?
さっき、さっき、見たばかりのコース図と、違うじゃん!(@_@;)

 コース図、2枚、違う~~!!!

私の覚えたのは、ラージ個人のAGだっ!!!

大慌てで、スタッフに交渉して、正しい2枚目のコース図を貰って、
覚えなおしっ!

・・・って、これ、最上級に、難しいよ?


一気に、混乱する、私。

20101003team-small-1.jpg


実際に、完成したコースを、
K先生と一緒に、応援席の最上段から、色々な角度からチェック。

 Aフレームから7番までの処理。
 そして、スラロームへのエントリー。
 このスラへのエントリー方法、インからもアウトからも、どちらも、怖い。
 自信が無い。
 確実はどちらだ?
 
20101003small-ag-3.jpg


実際に検分に入る。
 3番が、意外と、遠い。
 Aフレームから5番が遠い。
 そして、5番でフロントして振り返ると、思った所に6番が無い!
   私の一番苦手なパターンのフロントだ・・・

 12番から13番へは、エアプレイン。
 どのあたりで手を入れ替えるのか、シーソーを目印に覚える。
 スラのエントリーは、アウトから。

 Aフレームからの処理が一番難しいと思い、そこに時間を集中。
 

20101003small-ag-2.jpg



AGは、JPで成績の振るわなかった順番に走ります。
JPで9位だった私の出番は、最後の方。



スタート。
Aフレームから、思ったようなハンドリングが出来ていない。
6番から7番。
ジュエが、バッティングギリギリで走っていくのが分かる。

8番から10番へ向かって走るジュエ。
慌てて止まって、呼びこんで9番ダブルバーを飛ばせる。
ダブルバーを飛ぶ角度が悪い。バー落下しなくて良かった。

なんだか、怖くて、ドッグウォークを、思い切って走れない。
13番へのエントリーは、意外と楽に出来た。
スラのエントリーも良かった!

ところが、
15番へ行こうと思ったら、ジュエとタイミングが合わない。
思ったタイミングで、ジュエが付いてこない。
思わず、走るスピードを緩めて、ジュエを15番へ押す時間がロス。

うゎ!16番へ、私が遅れた。
17番、私の立ち位置を注意して・・・振り返る・・・

振り返ったら・・・


20101003small-ag-4.jpg


トンネルの『出口』が、そこに。
慌てて、一歩押したけど・・・ダメだった。


トンネルに吸い込まれていくジュエ。
その姿を見て、崩れ落ちる私。
その後の事は、良く、覚えていません。


悔しい!
悔しい!
悔しい!!!!

応援して下さった皆さん、ごめんなさい。
どうしたらいいのか分からないくらい悔しくて。

20101003small-ag-5.jpg
 

| Dog Sports | 18:34 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ22 夢のような・・・

20101002team-small-10.jpg

団体戦。
私達のJPが終わった時点での順位は9位だったので、
走り終わって、正直『やり終わった!』って満足感でいっぱい。

Keiちゃんとゆっくりパドックに戻り、
ヒメとジュエに、おやつをあげたり水をあげたり。

で、のんびり、応援席に戻ったら、なんだか、妙な緊張感いっぱい。

『ね、今、4位なんだよ、もしかしたら、もしかするんだよ!』

まさかぁ・・・

『やったぁ!!!』

え?
なに?
3位に入った!
もう、蜂の巣を突っついたような騒ぎに。

『ウィニングランだっ!!!』

Tさんが、ルモンドの応援旗を外して肩にかけてくれる。
K先生は、『ボク、ジュエを連れてきます!』ってパドックへ。
ダンナは、もう、ビデオなんて放棄!

グランド脇で、また、みんなが叫ぶ!
『2位になったっ!!!』

ウソでしょ?

20101002dream1.jpg


K先生が、ジュエを連れて走ってきてくれる。
ジュエ!ジュエ!ありがとう!!!

20101002dream2.jpg

ここまで、来れたっ!
やっと、ここまで、来れたんだっ!!
4年目で、やっと!

20101002dream4.jpg


ライズパパが、『ウィニングラン、先頭を走らなくちゃ!』って言うけど、
いやいや、
ちょっとでも長く、ウィニングラン、していたい。
ゆっくり、かみしめるように、走る。

20101002dream3.jpg

フランスが、ひときわ大きく、『ニッポン!ニッポン!』と声援をくれる。
カメラマンが、みんな、握手してくれる。

ドイツ・チェコ・そしてオランダの応援団も、みんな、総立ちで、
『ニッポン!ニッポン!』ってコールしてくれている。

嬉しい。
夢じゃ、無いんだよね?
涙で、にじむ。

チームメイトのみんな、本当にありがとう!
応援団のみんな、本当にありがとう!
日本から声援を送ってくれているみんな、本当に本当に、ありがとう!!!

20101002dream5.jpg

気付けば、ミア・ラーマネンが、抱きついてくれた。
ヤダ、また、涙が出ちゃうじゃない。

会場で知り合った外国のお友達が、みんな、降りてきてくれた。
みんなとハグして、時が過ぎるのを忘れていた。

20101002dream9.jpg


何回、『バンザイ!』って、叫んだだろう。
嬉しくて、声が枯れるまで、絶叫する私。

20101002dream6.jpg

K先生!
先生がいなかったら、ここまで、来れなかった。
それまでの私じゃ、技術もメンタルも、不足し過ぎていた。
先生が教えてくれたいろいろな事。
先生がいてくれたから、こんな、素晴らしい舞台に立っていられる。
ありがとうございます。

20101002dream7.jpg

ルモンドのみんな、ありがとう!
みんなの応援旗、ちゃんと、世界中に、見せたよっ!
ウィニングランで、一緒に走ったよ!
本当に、ありがとう!

そして。

20101002dream8.jpg


スモールのみんな、本当に、ありがとう。

| Dog Sports | 23:13 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ21 団体・スモール・AG

夕方18時過ぎ。
やっと、団体スモールAGが組まれ始めました。

・・・12時間前に、この会場に来て・・・もう半日だよ。

2010team-small-ag1.jpg


比較的、覚えやすいコース。
イヤなのは、DWの前後。
5番6番を、バー落下せずに持って行けるか?
8番に丁寧に載せるように。
10番のバー落下を、気をつける事。

そして、K先生が一番気にした所は、テーブルから15番まで。
テーブルに載せたら、上手く離れて、優位な場所に立つ事。
その離れ方を、何度もレクチャー。




検分中も続く、ダンスタイム。YMCA。

後ろでは、最初のグループが検分中だって言うのに、
私ったら、コース図片手に「ワ~~イエムシ~~エ~~!』


20101002team-small-5.jpg


 ・・・ってか、今思えば、ノーミスで完走出来て良かった。
 踊っておいてミスしちゃったら、怒られるよね。


実際に、検分に入ると、スタートの立ち位置に悩む。

というか、今回のドイツ大会、
私にしては珍しく、全てのコースで、スタートの立ち位置の確認に、
かなりに時間を使いました。


20101002team-small-6.jpg


スタート直前、3人で円陣を組んで、伝えました。
『一緒に走ってくれて、ありがとう。 
 思いっきり、頑張ろう!』


20101002team-small-7.jpg

ヒメ、ゴール!
スズカ、素晴らしいタイムでゴール!
『やったぁ!』って思った次の瞬間、一瞬、緊張がマックスに。


でも、スタートに立った時には、不思議と、全く、緊張していなかった。
ジュエとの世界だけ。

心配だったのは、シーソー後のトンネル。拒絶しないか。
10番のバー落下。
そして、テーブルから離れる事。
 テーブル、ギリギリでしがみついているジュエ。
 こわい・・・。

↓の写真、右足を踏み込んだ瞬間、滑ってバランスが崩れた。

20101002team-small-8.jpg

ひやっとした。
ジュエ、バー落下しないか?
あと3本。
お願いだから、バー、落ちないで。

20101002team-small-9.jpg


ゴール!
嬉しい!
K先生が、破格の笑顔で待っていた!
みんな、大喜びしてくれる!
応援席の興奮も聞こえる!

S先生が、ジュエを抱えて、バンザイしてる。
うれしい!
一緒に走ってくれたスモールの仲間、ありがとう!

| Dog Sports | 22:47 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑳ 団体・ミディアム・AG

今日の4コース目。
ミディアムの団体です。

ミディアム、今日の2走目で走ったばかりなのに。
緊張が続くミディアムのメンバーです。

2010team-medium-ag.jpg

真ん中に、イヤなボックスが。

6番からテーブルも、いや。
そして、Aフレームから先、私の大っ嫌いなパターン。
13番のトンネルから14番、どうする?


20101002team-mid-1.jpg

これも、先日、レッスンでK先生に、組んで頂いた。
(ちょっと、アレンジしてあったけれどね)
案の定、ジュエ、
6番から7番で大回りして、無事にテーブルに乗ったものの、かなり躊躇。
その上、14番、危ない、危ない。
繰り返せば繰り返すほど、どんどん、裏飛びが危険になる。

20101002team-mid-2.jpg


ソフトトンネルの後も、迷いやすく・バー落下しやすく作ってあよね。
ソフトの後のこういうデザイン、私は苦手~~(ToT)


20101002team-mid-3.jpg

| Dog Sports | 22:01 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑲ ダンスダンスダンス

一つのコースが終わるたび、アジ道具を隅っこに撤収して、
トラクター、登場!

20101002car1_20101118235707.jpg


ドラハのような、土の会場。
早い、早い!
あっという間に、会場一周!
キレイに、地ならし、しちゃいます。

 トラクターも凄いけど、
 それ以上に凄いのが、このトラクターの運転手さんのドライビングテクニック。
 トラクターの幅ピッタリの出入口、バッグで、一発で、出たり入ったり。




そして、トラクターのお掃除が終わる頃から、
リンクの外側に、うずうずしている『自称』ダンサーが集まります。


20101002dance1.jpg


ダンスターーーーイム ~(^∇^~)(~^∇^)~


20101002dance5.jpg


これ、とてもとても、ハードなのよ。
時間は30分くらいかな?
全身運動だもん、アジより、ずっとずっとハード。
応援席から見ている人が『CKさん、足、痛くならない?』って心配するぐらい、
飛んだり、跳ねたり、回ったり。

いったん姉ほどに、極める事は出来ない私だけど、
それでも、楽しくて。

アジの準備体操にピッタリだと思うんだけどなぁ・・・
仲間に声をかけるのだけど、なかなか、付き合ってくれないんだよね。

20101002dance3.jpg


もちろん、毎回、踊るわけじゃ、無いです。
初日は、自分のスモールが終わるまでは、とても、そんな気分になれない。
二日目も、踊れるタイミングは、2回くらい。
最終日は、一回。

え?
そんなに踊れば十分だろうって?

だって、それだけじゃ、覚えられないんだよ~(笑)


さて、私のお尻で、次のレポへ~~

20101002dance4.jpg

え?見たくない?

| Dog Sports | 21:53 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑱ 個人・ラージ・JP

いよいよ、ラージの個人戦が始まります。
多分、誰もが、頂上を狙うラージの個人戦。

2010ind-large-jp.jpg


またまた、スタート、とっても、イヤっ!
ラージには、特に、厳しくない?

20101002ind-large-1.jpg


K先生のスタート、八百万の神様に願いながら目を瞑って。

ライズパパに、お願いする
自分ではドキドキし過ぎて見ていると心臓爆発しそうだから、実況中継してって。


20101002ind-large-2.jpg


ゴール後。
海戸田先生の悔しさが、そのまま、伝わってきて、私も辛い。

これが、世界大会の恐さなんだと、改めて、世界大会の神様の恐さを実感しました。

| Dog Sports | 21:08 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑰ お買物は楽しい♪

毎年、会場内の最上列や、会場の周りには、ショップがいっぱい並びます。
これを見て回るのが、とっても楽しみな私。

そりゃ、アジも面白いけど、やっぱ、買物は、最高よ!

20101002buy1.jpg


日本でもおなじみなアジ道具『プレミア』。
トンネル専門ショップなんてのもあって、去年のオーストリア大会の公開練習で、みんなの度肝を抜いた透明トンネルも売っていた。

アディダスでは、シューズが、飛ぶように売れていた。
なんで、わざわざ、アディダスを、ここで、買う??(・_・?) ン?


20101002buy3.jpg


今年、たくさん目に付いたのが、フリースやトレーナー・Tシャツに
絵柄をその場で刺繍してくれるショップ。
絵柄のデザインはどのお店も豊富にあって、どれも、結構、可愛い。

私も、フリースに、アジの刺繍をしてもらいました!
値札には66ユーロと書いてあったけど、交渉したら50ユーロになった♪
(= ̄▽ ̄=)V やったね

20101002buy2.jpg


シェルティー柄のソックスを見つけた!
とっても可愛い♪
慌てて、お財布を取りに走った私。

ショップの前まで戻った時、そこで、同じくお買物途中のK先生とバッタリ。
あれ?何を買ったんですか?なんてちょっと立ち話・・・

して、振り返ると・・・・
最後の一足を、外人さんが、嬉しそうに握りしめた所でした。
  うっそーーーー!!!
 

お店の人に聞いたら、
『シェルティー? フィニッシュド!』・・・・orz


20100930pre8.jpg

とっても可愛い、肩から斜めがけするバッグがあった。
お値段も、とってもお安い。
みんなにお土産にしようと思っていたら、あっという間にソールドアウト。


刺繍するフリース。
欲しいモノがいっぱいあったのに、ちょうどいいサイズは、すべてあっという間にソールドアウト。
残っているものは、XXLとか、キッズ。

あぁ、もう、二度とお目にかかれないだろうモノばかり。
悲しい~~

| Dog Sports | 20:58 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑯ 個人・ミディアム・JP

続いて、ミディアムの個人戦、JP。

2010ind-medium-jp.jpg



・・・難しいよ??
え?スタート、これも、どーするの??

これも、スタートの立ち位置から、メチャクチャ悩むシーケンス。
トンネルの入口にいたんじゃ、先は、全然、間に合わない。
それも、4番は、向こう側だ。
そして・・・14番から後半も、難しい。


 ↓ これでバー落下しないなんて・・・さすが!

20101002ind-medium-1.jpg


実際に見ていると、
11番トンネルの後、スラロームに顔を突っ込んじゃうワンが多かった。
15番の事を思うと、
11番のトンネルに放り込んだ後、少しでも優位な場所に走りたいもんね。


帰国してから、K先生にお願いしてレッスンでこのコースをやってみた。

11番の後、スラに行かないように気をつけてから走りだしたら、
ジュエ、見事に15番を逆飛びで失格でした。

15番を右から回す人、左から回す人、両方いたけど、
ジュエの場合は、右が良いみたい。



 ↓ こんな遠くから飛ぶんだ。(@_@;)
   これで落とさないんだから、ミディアムって凄い。

20101002ind-medium-2.jpg



心配だったスタートは、みんな、難なくクリア。
凄いな!って思った。



 ↓ 素晴らしい走りだった。

20101002ind-medium-3.jpg



みんな、本当に、惜しかった。
でも、本当に、凄く攻めの走り。見ていて鳥肌ものだった。
感動を貰いました!
ありがとう!

| Dog Sports | 20:50 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑮ 個人・スモール・JP

朝6時前に、ホテルロビー集合。
ホテルが作ってくれたお弁当@朝ごはんを持って、会場へ。

会場では、もう、コース設定が始まろうとしていました。
早い・・・( ~◇) Zzz


2010ind-small-jp.jpg


なんて、ぼんやりした頭でコース図を見た途端、眠気が、ぶっ飛びました。
このスタート、なんじゃ??

簡単なようで、簡単じゃ、無いっよ?!?!?!?!?!


まず、コース図を見て、自分なりの走り方をK先生に伝えるのだけど。
スタート部分で、意見が真っ二つ。


私は、ボックスの中に、2番を向いて立って、
 2番を左手で飛ばせて引き込んで、
 3番を右手で飛ばせてフロント。4番へ。

先生は、ボックスの外に立ちましょう。
 2番バート3番バーの延長線が交わるところに右足を。
 スタートに向かって立ちましょう。
 右足に重点を置いて、2番を強調させてスタート。
 3番をオーバーで飛ばせて4番へ。


・・・て、そりゃ、K先生の言う方が、正しいに決まってる。
問題は、先生の方法に、私が、全く、自信を持てない事。
それを、いきなり、この、世界って舞台で使えって?
怖いよ~~~(ToT)


怖がる私に、先生は、『検分の時、両方、やっておいてください』と。
『出来る方をしましょう』と。


実際に、検分に入ってみる。
まず、K先生の方法を。
 怖い。怖い。
 立ち位置は、1番から、遠過ぎる。
 もちろん、2番からも、遠過ぎる。思いっきり手を伸ばさないと。
 そして。
 2番をバー落下しないタイミングで私が走りだした場合、
 3番のバー落下が怖い。
 

じゃあ、私の方法。
 あれ??
 ボックスの中が、思っていたよりも、広い。
 2番を飛ばせて、引き込んで?
 引き込んでいる時間が、無い。
 引き込んでいる時間、ジュエが、止まってしまう。
 あれ?引き込んで3番でフロントしたとしても?
 4番の場所、思いっきり、ビミョ~~~~~
 これ、すっごく、絶妙な場所に置いてある!!(@_@;)
 もし、もし、もし、
 フロントして軸がずれたら、その途端、4番の裏飛びになっちゃう。


さぁ、どっちを選ぶ?
どっちも、怖い(ToT)
でも。シンプルに行けるのは、K先生の方法だ。
ならば!先生を信じよう!


20101002ind-small-2.jpg


スタート!

ジュエ、見事に、反応してくれました!
それも!最短で走ってきてくれた。
2番も3番も、バー落下せずに!

20101002ind-small-1.jpg


6番・9番・14番。
とても大事に引き込んだので、かなりのタイムロス?
でも、怖かった11番のバー落下は、無事だった!

ノーミスでゴール!
ジュエ、ありがとう!

それも!
終わってみれば、9位!
JPで9位だなんて、本当に嬉しい!

応援して下さったみなさま、ありがとうございました!

| Dog Sports | 16:32 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑭ チーム・ラージ・AG

やっと、この日の最終競技、チーム・ラージ・AGです。

2010team-large-ag.jpg




ラージの皆さん、お疲れの様子だったのに、
コース図を見た途端に、集中力、全開です。

ただ・・・ミョ~~に、緊張し過ぎているのが気になる。


20101001team-large-8.jpg


ま、私は、『いつも通りが、一番のパフォーマンス』って思うタイプ。
それに対して、K先生は、『ここまで来たんだから、攻めましょう』ってタイプ。
正反対だから、こんな時、声のかけようがないのです。

選手の皆さん、それぞれ残念だったけれど、最後までキレイに走ってゴールです!
S先生も、『最後まで走るのが一番大切な事だ!』って、讃えて下さいました。

よ~~し!
明日へ、つなげるぞっ!

| Dog Sports | 15:56 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑬ 今年のパドックは・・・

今年のパドックをご紹介。

20101001padoc1.jpg

馬房です~~(@_@;)
ご飯の差入口や水飲み場もある、本格的馬房。

馬房の建物が2つあって、それら全部が、パドックでした。
各国、2馬房ずつ割り当てられて、入口に『JAPAN』とか書いてある。

最初、案内された時は、文字通り、目が点になったよ。
つい数日前までは、馬が入っていた?って感じの匂いがぷんぷん(笑)
掃除をしてくれたらしいのだけど、藁屑が隅っこに落ちていて。

20101001padoc2.jpg

でもって、下から、シンシン冷える。
お向かいの並びの場房は南向きらしくて太陽が射しこんで暖かそうだけど、
日本チームの並びは、北向きらしく、とても寒い。

この写真では、ワンのケージの下には何も敷いていないけれど、
あまりにも、ワンが冷えて、可哀想・・・。


と言うわけで、
公開練習が終わった後、S先生が『ブルーシートを買おう!』って。

 でも、外国で、ブルーシートって、どこで売ってるんだ?
 ホームセンターって、外国に、あったっけ??
 昨日行ったアンベルグの街では見当たらなかったよ?

 2時間ほどドライブして、結局、ブルーシートを見つけることはできず。

どーしよう??
 (-_-)ゞ゛ウーム

S先生の出した答えは!

スーパーマーケットのゴミ置き場へ。
捨ててある段ボールを、たくさん貰って来ました。

 『JAPAN』って、ユニフォームを着た先生が
 ゴミ置き場のコンテナ型の大きなゴミ箱に上って覗きこみ、
 キレイな段ボールを探す姿。

 写真を撮っておけばよかったな・・・

 その場では、『せんせー、やだぁ~~』って笑ったけど、
 なんだか、ありがたくて涙が出たよ。

 私達が下から見ているだけなのに、
 先生、頑張って、何枚か、集めて下さった。


翌日から、ワンのケージの下には、段ボール。
余った分は、荷物置き場にもなって、
馬房の汚れから解放されました。

S先生、心から、ありがとうございます。



さて、 有志の方々からの、お札を頂きました。

去年も、贈って頂いた札は、威力抜群だった。
今年も、あやかれますように・・・

20101001padoc4.jpg

どー見ても、ふざけている姿ですが(笑)
大丈夫、ちゃんと、お祈りしてから、本番に臨みましたよ。

ありがとうございました!

| Dog Sports | 15:22 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑫ チーム・スモール・JP

いよいよ、チーム・スモールのJPです。
ラージ・ミディアムが、素晴らしい流れを作ってくれて、
そのバトンを渡されて、ちょっと、プレッシャー。

2010team-small-jp_20101110121944.jpg

うぅ~~
これ、スタート、どうする??

トンネル2個並びって・・・見るだけで、げんなりする。
4つの入り口、ちゃんとトラップを避けられるだろうか?



 海戸田先生が、
 『コース図、2枚しかないんだから、ちゃんと覚えて、他の人に渡して』 って言うけど、
 私、ごめんなさい、毎年の事なんだけど、本当に覚えられないんです。

 幸いにして、今年は、
 Mちゃんが『もう覚えたから見なくて平気~』って、言ってくれたので、
 お言葉に甘えて、1枚を独占。


コース図を握りしめて、会場の一番上段から、設営中のコースを確認。
海戸田先生が、要所要所で立ち止まり、
 この角度から見ると、あのバーが危ない、
 あっちの間隔がどうなっているのか、もうちょっと左から見て見よう、
など、細かく、チェックをして下さる。
会場を360度一周する頃に、だいたい、検分開始時間に。




検分中は、海戸田先生が、応援席からチェックしてくれて、
『手の出し方がおかしい』
『あそこは、すーーーっと走る所』
などなど、最終調整。



順番が回ってきました!

 第1走者 ヒメ
 第2走者 スズカ
 ラスト  ジュエ

さぁ、いよいよ、ヒメです!

 日本応援団は、スタート・ゴールラインの真後ろ。
 例年よりも、ひときわ大きな声援が、聞こえます。

ニッポン!チャ!チャ!チャ!

チャ!チャ!チャッ!に合わせて、こぶしを上げる私。
それに合わせて、ワン!と吠えるジュエ。

よし!頑張ろう!

20101001team-small-3.jpg

ヒメ、ゴール!
スズカ、危なげなく、素晴らしい走りで、ゴール!

いよいよ、今年の1走目。
一番心配なスタート。
立ち位置が不安な私は、自分の事で、アタマがいっぱい。
検分で決めた立ち位置まで来て、振り返ると・・・

ジュエが、立ってる?
それも、バーギリギリまで、出て来ちゃってる。
 ( ̄Д ̄;) ガーン

どーしよう?
って言ったって、もう、どーしようもない。

『ホップ!』
ジュエ、バー落下せずに、スタートしてくれた。
もう、しばらく放心状態のハンドリングだったわよ。


レンガの後。
一瞬、コースが、分からなくなる。

 あぁ、毎年、そうだ。
 毎年、1走目。 
 走っている最中、コースを忘れてしまう。
 今年も忘れたっ!

ドキッとした。
すぐに思いだしたけれど、ちょっと無理な押しをした。
またもや、バー落下の不安がよぎる。

 ジュエ、落とさずに、飛んでくれたよ!
 ジュエ、てんさ~~い!

後は、丁寧に行けば、大丈夫なはず。
ソフトでは呼んで呼んで、ソフトの次のバーを、空かさないように。
20番まで、バー落下させないように丁寧に。

20101001team-small-1.jpg

ゴール!!
やったよ!

走っている内は忘れていた、チーム3人目のプレッシャーが急に蘇る瞬間。

20101001team-small-2.jpg

終わってみれば、ジュエ、3席!
3席????

うっそぉぉ!
世界で、3席?
とてもとても、とっても、嬉しかった!
ジュエ、ありがとう!


ジュエを、褒めてあげてください!
ジュエ、ホントに、ホントに、てんさ~~い!

| Dog Sports | 15:18 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑪ チーム・ミディアム・JP

続いて、ミディアム、チームJP

2010team-medium-jp.jpg

これも、私は嫌いだぁ~ってコース。
ってか、あの場にいると、どのコースも、難しい。


検分前の攻略戦略。 みんなで話し合って、話し合って・・・。
20101001team-mideum-2.jpg



応援席からも、指示が飛びます。
20101001team-mideum-1.jpg




さぁ、いよいよ!
気合を入れる、ミディアムチーム!

20101001team-mideum-3.jpg

このコース、あちこちでバー落下を誘うような配置。
ジュエだったら、四苦八苦すること、間違いなし。

でも、ミディアムのみんな、すごく、攻めてるっ!
かっこいいっ!

S先生@チームリーダー、本当に、大喜び!

| Dog Sports | 14:25 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑩ ミアも走ってきてくれた!

チームJPラージを走り終わって、
日本応援団の席に戻っていらしたK先生。

『せんせー、凄かったですよーーー!』
なんて、私、大興奮で先生に駆け寄って、大喜びっ!

あれ??
もう一人、駆け寄ってきてくれる姿がっ!!


ミア・ラーマネン女史です!


英語だから、何を言っているのか、良く分からない。
けど、大興奮で、先生とハグしたり、喜んで、褒めて下さっているのだけは、
よくよく、分かります。

20101001team-large-6.jpg

この瞬間、K先生が、お祝いされているのだけど、
横にいる私、きっと、先生以上に誇らしく思っていたと思う。

先生、本当に、やったねっ!

| Dog Sports | 14:23 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑨ チーム・ラージ・JP

開会式のとても幸せな気分。
最高の気分で一歩外に出た途端に、現実です。

もう、そこでは、ラージのコース図の配布をしていました。

 世界大会では、毎回コースを作る直前に、各国に2枚ずつ、
 そのコース図が配布されます。

 どの国も、一刻も早くコース図を見たい。
 コース図の配布場所では、コーチたちが競い合ってゲットしています。


2010team-large-jp.jpg

パッと見て、難しいっ!!

 毎年、チームのJPって、ちょっと簡単目に作られているのに、
  ( それでも、ゴールできないのが、世界大会の神サマの恐さです )
 チーム戦で、この、難しさって、どうよ??


ラージの皆様が、緊張していくのが、分かります。

 日本でライブを見ているみんなから、次々に届く応援メッセを、
 K先生やAさんに見せて、
 プレッシャーをかけないように(思いっきりかけてる?)
 そっと、応援。


K先生の時は、もう、私も、心臓バクバク。

スタート!
先生の走り、なんだか、とってもとっても!とてもとても!
そう、とても、キレイなんですっ!

このコース、苦戦する人が多かった中、
K先生は、全然バタバタすることなく、踊るようにクリアしていく。

途中、ダブルバーが揺れて、会場がざわついたけど、
でも、ざわざわしていた会場が、K先生に吸い寄せられるように静かになって。

20101001team-large-5.jpg

19番トンネル。
あぁ、もう、鳥肌が立ってきたっ!

ゴールッ!

20101001team-large-4.jpg


すごい!すごい!
会場で見ている私達は、タイムがうんぬんって、分からない。
でも、日本から、すぐに連絡がっ!

『すごい!先生、ラップ、取った!』

ホント?
感動で、大興奮のCK (←って、私が興奮して、どーする?(苦笑))


20101001team-large-1.jpg

このコース、全部終わってみると。
なんと、K先生、あの、スロベニアのシルビアに続いて、2位!!

すごいよ!すごいよ!
もう、もう、ニッポン、弾み、付きすぎちゃって!
先生、ありがとーー!

| Dog Sports | 14:13 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ⑧ 開会式

10月1日 いよいよ、開会式ですっ!!!


まずは、役員入場。
キャラクターの着ぐるみワンちゃんを先頭に、S先生の姿も、もちろん!

20101001open1.jpg


と、賑々しく、開会されたはずなのに、
大騒ぎしていたはずなのに・・・

私たち日本チームは、どこにいたかと言うと。

何故か、パドックで、談笑中。


だって、例年なら、
 まずは、『JAPAN』のプラカードを持った人が、呼びに来てくれて、
 各国整列して待機。
 で、順番に入場行進。


だから、パドックで、何度も言うけど、談笑中の日本チーム。

私、『寒いから、先に、お手洗いに行ってきま~~す!』って、
本会場横のおトイレに行ったら・・・

(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)

あれ!!!
続々、各国、入場中じゃん??? o(°°)o ホヨ?

慌てて、パドックに、帰ったわさっ!!ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)oブーン
『みんな、もう、入場してるっ!』

もう、そこから、私達、蜂の巣をつついたように、大慌てで準備。
で、入口目指して、各自、猛ダッシュ!


その頃。
日本応援団は、やっぱり、悩み中。
 アルファベット順で入場してくる。のに、JAPANは、どこに行った?
  オカシイ?オカシイ?? 
  ダンナの悩みは、最高潮に達していたらしい。


やっと、入口に辿り着いた、私達選手。
もちろん、順番、飛ばされて、『JAPAN』のプラカードが、床にポツンと。
M先生@コーチが、慌てて交渉。

『南アフリカの次に入ってね』って、アナウンスが。
 南アフリカって「Suoth Africa」よね?『S』って、どれだけ終盤よ?
 危うく、参加できないところだった・・・猛反省。



20101001open2.jpg

毎年、書くけど、この、開会式入場の瞬間が、一番、好き!

勝利の女神が、全ての選手に、平等に微笑む、この瞬間!
誰もが、この先の希望に胸を膨らませている、この瞬間!

ここに連れてきてくれて、ありがとう、ジュエ!
シュクル、オペラ、パフェ!
そして、ダンナ!
先生!
応援して下さっている、皆様!
みんなの顔が、一瞬にして浮かぶ、この時。


ありがとう、ありがとう!!!



今年の開会式は、パフォーマンスがありました。
 ノルウェーでの、地元の『体操クラブ』の、子供の体操じゃなくて、
 フィンランドみたいに、淡々とした開会式でもなく、
 オーストリアみたいに、選手の行進だけって言うのでもなくて、
今年は、ワンのサーカスみたいな、すごく楽しいパフォーマンスでした。

20101001open3.jpg
最初は、何をやっているのか分からなくてキョトンとしていた私達だけど、
だんだん、ショーに引き込まれて、夢中に。
とても見事な、パフォーマンスでした!

こんな楽しい開会式は、初めて!
参加できて、ヨカッタ・ヨカッタ(爆)

20101001open4.jpg

| Dog Sports | 12:05 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。