PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございました

本当に、たくさんのお心遣いを、ありがとうございます。
リザ、たくさんのお花に埋もれて、とても嬉しそうです。

 この度は、驚くほどたくさんのお花と、
 信じられないほどたくさんのメール・メッセージ・コメントなどを頂きました。

心より、心より、お礼を申し上げます。
ありがとうございます。


20080110 riza with flower




アジリティー会場では、出番の無かったリザなのに、
全国のアジラーの方から、お気遣いを頂いて、

シェルティーオフ会に参加させていただいたのはもう6年も前のことなのに、
その頃のシェル仲間の方が覚えていてくださって、


とてもとても、感謝しています。

すぐにお礼をと思いながら、
  花に囲まれたリザを見ていると、
    ただただ、時間が流れてしまって。
  たくさんのメッセージを読ませていただくと、
    ただただ、涙があふれてしまって。

  なかなか、キーボードに向かう事ができませんでした。
  本当に、すみません。
  ご心配頂いて、ありがとうございます。






----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*




年末から食べなくなったリザですが、
年明けから、夜中の徘徊が激しくなりました。

2日の夜からは、私も、明方まで眠る事ができなくなりました。 


お正月にホームセンターに行って、
 徘徊のリザのサークルを立てるために、カーペットなどの準備をして、
 食べないリザのために、食べやすそうな食事を買って。
 16才まで頑張ってくれると、信じていた。



3日の昼間は眠っていたリザだけど、
その後、夜は一睡もせず・・・4日の昼3時まで、徘徊を続けました。
その間も、口元にボーロを持って行ったりしたのだけど、
ひたすら、家中を隅々まで歩く・・・

  ・・・今思えば、家の中に挨拶していたのかも・・・


3時過ぎにやっと眠ったリザを残して、ドッグスクールに行きました。
リザの現状を伝えて、
 今年は、ダンナは、大会を全部、欠席します。
 私も、一人で行ける範囲だけに限定します。
 おぜんざい杯も、欠席になります・・・など、相談して。


帰宅した時は、吐いた痕はあったけど、リザって呼んだら、うぅぅ~~って返事した。
徘徊するから抱き上げたら、ちゃんと、私の顔を見た。



 今日は、ダンナが仕事始めから帰宅してすぐに獣医に行こうと、決めてあったので、
    ( この頃は、私一人じゃ、リザをつれて行けなかった。
      リザをバリケンに入れるなんて、無理だったから・・・)
 ダンナが帰ってきて、すぐに出発。 

 ダンナがリザを抱いて車に乗った途端、
 リザ、意識を失いました。


 ダンナが、リザに呼びかけながら、獣医までかっ飛ばす。
 獣医について、すぐに、先生方総がかりで、リザを診て下さいました。


点滴を入れて、その中に、たくさんのお薬を足してもらって。

 
 もう、目が落ち込んでいて、
 脈も弱くて、
 電解質の値が目茶苦茶で・・・
   院長センセが、若い先生に『これ、機械が壊れてるから計りなおして!』って
   何回も言うんだけど、・・・計れば計るほど、目茶苦茶な数値が出る。

 ・・・もう、脳が、壊れちゃってるって・・・
 もし、意識が戻っても、リザ、何も、分らないんだよ。・・・・って・・・・



 『もし、病院で、今、脈が止まったら、どうしますか?』って聞かれた。
 
 こんなに苦しそうに頑張ったリザに、延命をお願いできる??




・・・それでも、点滴が終わる頃、目に力が、ちょっと、戻ってきた。
  

   『このまま、家族で病院に泊まっていきますか?』って聞かれたけど、
   家に連れて帰ってやりたくて、11時近くに、帰宅しました。


『多分、朝は、迎えられないよ』って言われての帰宅でした・・・



  夜の間、何回も、吐いたりして苦しそうだったけれど、
  立ち上がろうとしたりして・・・
  きっと、もう、私たちのことは分っていないのだろうけれど、
  リザは、必死に頑張ってくれました。




そして!
リザは、朝日をちゃんと、迎えてくれました。

 私たちは、朝、もう一回獣医に連れて行って点滴をお願いしたら、
 リザ、もっと頑張れるかも・・・とか思ったりもした。
  



でも・・・・でも・・・・

7時40分頃から、リザ、吠え始めました。
  ウォン・・・ウォン・・・ウォン・・・・
  って、吼え続けた・・・こんなにリザの声を聞くには、本当に久しぶりだった。

  なんだか、震えた。
  多分、お別れを言ってるって、予感があった。


7時55分、たくさん吐いた。
  吐く時に、身体を支えてあげるのだけど・・・
  その時、心臓が動かなくなったのが、分った・・・・

  ダンナに、『心臓がっ!』って叫んだら、
  『まだ、少し、動いてる・・・弱いけど、動いてる・・・』って・・・・



8時まで、頑張ってくれたけど・・・止まってしまった・・・

ダンナ・私、そして、パフェ・オペラ・シュクル・ジュエが、見守る中、
虹の橋へ、逝ってしまいました・・・




こんなに頑張ってくれたリザに、どうして?とか、もっと!って言えない。


ありがとう。
リザ、こんなに頑張ってくれて、ありがとう。



とても綺麗な、艶々なコートのまま、旅立ちました。






----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----


この日は、土曜日。
ドッグスクールで、仲間と練習する約束でした。

朝の練習が終わってから、
あるこさん・すかいパパさん・ブロイパパさん・セブンママさん・keiちゃん
みんなが、リザにお別れに来てくれて。


この半年間、リザは、家族と病院のスタッフにしか会えなかったから、
リザ、みんなに最後に撫でてもらえて、きっと凄く嬉しかったと思います。
本当に、ありがとう。

スポンサーサイト

| My Shelties | 17:18 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。