PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

『どこでもドア』 があるから大丈夫だよね。

リザとのお別れは、7日の月曜日でした。
リザのいる部屋は、真冬だけど窓を開けっぱなして、もちろん、暖房なし。
夜の間、リザに付いていました。
ずっと、撫でていました。
不思議と、寒さを感じなくて。



  冷たくなってしまったリザを撫でていたら、
  シュクルが、横にやってきました。

  リザが眠っている箱に手をかけて覗き込んで、
  じっと、リザの事を見ていました。

  そして、ずっと、私の横で、付き合ってくれました。








----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----




お寺は、ペリ@お☆さまの時と同じ、名古屋の『長楽寺』でお願いしました。
『個別葬』をお願いしました。


  いつまでも部屋に一緒にいては、リザが苦しいかなと思ったけれど、
  いざ、月曜日になると・・・・早過ぎたって後悔しました。



リザのためにお経を上げていただいて、
煙になって上る頃、雨が降ってきました。
寂しかった・・・





 10年前、ペリ@お☆さまの骨を拾う時は、
 ペリ@お☆さまの骨がいっぱいあって、
 持参した器に入りきらなくて困った。

 だから、今回、大きな器を用意していきました。
 でも・・・出てきたリザを見て、愕然としました。
 
 すごく小さい、骨でした。

 リザは、体格も立派で、骨も太くて、
 触ると気持ちの良い仔だった。

 そのリザの骨が・・・これだけ・・・・

 
 リザ、すごく、頑張ってくれたんだね。
 こんなになるまで、頑張ってくれたんだね・・・

 粉になってしまった骨まで、一生懸命に集めてきました。
 


ペリ@お☆さまの骨も、私たちの手元にあります。
ずっとずっと、一緒だからね。






----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----



私、占いとか、信じないタイプです。
怖がりだけど、霊感とか、全くありません。




でも、

 10年前、ペリが亡くなってすぐに、引越しが決まっていました。
 悲しい気持ちのまま、岐阜で借家探しをしました。

 その時、不動産屋が案内する家を写真を撮りながら回りました。



帰宅して、写真を現像したら・・・
その中の一枚に、ペリ@お☆さまが写っていました。

誰にその写真を見せても・・・ダンナに見せても、
『窓の汚れだよ?』って。


  その時は、私がノイローゼ気味だったから、
  目の錯覚が起こったのだと思っていました。




でも、その後、何年経って見ても、
その写真には、ペリ@お☆さまが写っているんです。

ちょうど2階の・・・そう、今、私が座っている辺りの窓から
ペリ@お☆さまの笑顔が見えます。




で、私は、信じてる。


 虹の端に行くと、みんな、『どこでもドア』を貰えちゃう。
 で、ペリ@お☆さまは、
 『どこでもドア』を駆使しまくり。
 留守番に来たり、みんなでご飯食べていたりする時に、
 我家に戻ってくてるんだ。
 で、そっと、横に座ってたりね。
 
 虹の橋と我家を、行ったり来たり。
 ・・・・ペリ@お☆さまの毎日は、結構、忙しい・・・・(笑)
 



リザは、虹の橋で、知り合いが多いから、ご挨拶に手間取ってるかも。
でも、きっと、『どこでもドア』で、ここに来るから、大丈夫。



スポンサーサイト

| My Shelties | 19:50 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。