PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月26日 競技1日目。

団体戦ラージJPから、競技は始まります。
大会全体の一種目目とあって、やはり、緊張した雰囲気は、独特です。

世界大会では、前の走りが終わると同時くらいに、
次のコースが、オフィシャルから、各国に、配られます。

なので、その時は、オフィシャルのデスク前は、
各国のコーチで、ごった返します。
ちょっとでも早く、コース図を、選手の元へ持って走りたいと言う気持ちは、
どの国のコーチも、同じです。


去年まで、各国に2枚ずつ配布されていたコース図は、今年は、1枚。

1枚しかないコース図なので、他のカテゴリーの選手は、なかなか、遠慮して、覗けません。


着々とリンクに立つコースは、ラージにしては、とても狭そう。
これ、どういう順番なのかな?

そう思いながら、やっと、空いたコース図を見て、う~~ん・・・タイト過ぎるって感じた。


せめて、いつも通り150cmのバーなら、まだ、違うと思う。
今回の120のバーだから、余計、おもちゃ見たいなコースに見える。


3番のスラのエントリーミス、続出。
そして、スラを最後まで行けないペアが、続出。
どの国の選手も、この角度のエントリーなんて、楽に出来るはず。
こんな煽りで、抜けたりしない選手ばかりのはず。

世界大会の魔物は、しょっぱなから、思いっきり、襲い掛かってきたようです。


20080928sensyu8.jpg



そして、団体スモールJP

先の団体ラージJPで、失敗続出だったスラロームの印象が大き過ぎて、
スラロームばかりに心配が集中してしまった、私の判断ミスです。
シーケンス自体は、簡単だろうと、思ってしまった。



・・・いや、実際、そうは難しくない。

私が、焦ってしまった。
少しでも早く行きたくて、目を離してしまった。

そして、痛恨の、コース忘れ。
ここ、忘れそうで危険だ、と思って注意していた所で、
思った通り、身体を引いてしまった。

なにも、ここで、こんな事、やらなくても…
自分でどれだけ反省してもしきれない、一生悔いるだろう、この時。


20080928sensyu5.jpg



そして、団体ミディアムJP

このコース、団体JPの中で、一番難しいと思う。
これも、3番スラロームのエントリーミスが続出。

どうして、入れないんだ??って、外から思うのは、自由です。
でも、そう思うなら、この場に来て、入れてみろーーーーって感じ。
多分、どのコースも、日本で、みんなが組んで走ったら、
どうってことなく、CR、出来るはず。

私も、帰国して、組んで走ってみた。
走れるよ。
でもね、コースが、違うんだ。
こんな角度じゃ、無かった。
ちょっとだけど、凄く、違う。
この、ちょっと、の、違いが、さすが、世界戦のジャッジだと思う。







4種目目は、団体ラージAG。
1日目で、団体ラージの結果が出てしまうって、こんな進行、初めてじゃないか?

JPよりは、厭らしさを感じない・・・かな?
コースの狭さに、目が慣れてきたのかもしれません。

3人の先生方、とても綺麗な流れの走りだったと思います。
綺麗かどうか、という点で言えば、負けていないと思います。
やはり、ラージが、一番、世界に近い、と実感しました。


スポンサーサイト

| Dog Sports | 19:10 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。