PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツレポ32 帰国へ。

とうとう、帰国の日がやってきました。

あっという間の一週間。
なんだか寂しいような、ホッとするような。

最後に、ホテルの部屋のソファで、記念写真。
 ホントは、ソファに乗せちゃ、いけないんですよ!!
 ごめんなさい~。

20101005goodbye1.jpg

 ジュエ、一緒に来てくれてありがとう。
 頑張ってくれてありがとう。
 こんな私の支えになってくれて、本当にありがとう。
 
 いつまでたっても、末っ子の甘えん坊って思っていたジュエが、
 いつの間にか、とても大人になっていて、
 私を守ってくれていたという事に、
 今回、やっと気づきました。


早朝6時前に、またもや観光バスとレンタカーで、
フランクフルト空港に向かいます。

 来る時はミュンヘン空港だったけれど、
 帰り、ミュンヘンからの飛行機が取れなくて、
 遠いフランクフルトからの便になりました。

 そして、ドイツレポ2にも書いたとおり、
 ドイツの観光バスには、成犬を乗せないという民間ルールが。
 行きの運転手さんは、「大丈夫さ!OK!」って乗せてくれたけど、
 帰りの運転手は、とりつくしまもない。。
 『ノー』の一点張り。
 あろうことに、『バスの下部の貨物室に入れれば?』だって!!
   (*`ε´*)ノ_彡☆バンバン!!
   バカヤローーーー!!!!
 

と言うわけで、ワン達は、みんな、S先生運転のレンタカーで。
人間だけが観光バスで。


早朝に出発したおかげで、渋滞に巻き込まれることなく、
フランクフルト空港には8時過ぎに到着。
 

20101005goodbye2.jpg


さて。
成田から出国する時に、
出国カウンターの係の人が、ワンのケージを見て、する事は。
『扉が開いてワンが脱走したりしないか』。
係の人たちは、扉を結束バンドで留めたりする事に、忙しい。

フランクフルトでは。
係員が寄ってきて・・・明らかに獣医さんっぽい。
まず、ワンをケージから出して、様子を見て。
ケージの中に、ワンが誤飲するようなものは入っていないか?
 (ひょっとしたら危険物の点検も兼ねているのかもね)
扉に細工なんて、しません。

 どちらも、ワンを守ろうという意識から始まっていると思うけど、
 観点が、人間側にあるのか、ワンの側にあるのか、
 違いが歴然で、興味深かったです。

20101005goodbye3.jpg

きゃっほ~~!お外に出られるの?って勘違いのライズ(笑)



搭乗手続きに、思ったよりも3倍近く時間がかかってしまった私達。
そのまま、搭乗口に向かう事にしました。
途中に免税店、たくさん、あるよね?

そう思ったら・・・
今回の搭乗口、『C』棟は、出来たばかりの小さな搭乗口。
ショップは、チョコレートや洋酒などを売っているお店が一軒だけ。

買う気満々で、現地通貨をいっぱい残していた我家は、
メッチャクチャ、拍子抜け・・・(T◇T)


 S先生、
 『2席のお祝いに、免税店のシャネルをプレゼントしようと思ったのになぁ~~』って、
 嬉しそうに言わないのっ!(爆)


待合ロビーに着くと
・・・そこに流れていたBGMは、なんと!
世界大会の会場で聞いていた、あの音楽!!

みんな、一斉に私を見て、『ここで踊るなよ!』
・・・って言われても、自然に、手足が動いちゃうんですけど。
      ~(^∇^~)(~^∇^)~

踊るのを我慢した私に ヾ(- -;)
ロビーのバーで、S先生がビールとパニーニを奢ってくださいました。

20101005goodbye4.jpg

ここのピルスナー、とっても美味しかった!
パニーニも最高!


20101005goodbye5.jpg

帰りの便は、最新型のエアバス。
総二階建ての、飛行機です。
ルフトハンザが、この夏から運行しているって話題のエアバス。
それに乗れるなんて、とってもラッキー! !o(*^▽^*)o~♪

 とは言え、エコノミーに乗ってる私達は、
 普通の飛行機に乗っている時との差は、何も分からないけどね。

 分かった事と言えば、
 単純に、乗車定員が増えたから乗り降りにかかる時間がとても長い
 って事、かな?(笑)
 

いよいよ、ワン達が、乗り込みます。
ここから12時間。
眠っていたら、すぐに日本だから。
朝ごはん抜きだからお腹空いているだろうけど、頑張れ。


20101005goodbye6.jpg


日本時間10月6日の朝。
無事に帰国しました。

ワン達ももちろん、全員、元気に、帰ってきました。




ドイツレポ。
長々とお付き合い下さって、本当にありがとうございました。

気付けばもう12月。
世界大会と言っても、もう、遠い過去の事のように感じます。
新鮮味のないレポになってしまい、すみませんでした。


まだまだ、感じた事、思った事、いっぱいあるけれど、
この先、機会があれば、記していきたいと思います。


最後になりましたけど、もう一度。
みなさん、本当にありがとうございました。
これからも、シュクルとジュエと、笑顔で走り続けたいと思います。
 

スポンサーサイト

| Dog Sports | 00:20 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。